シーエフネッツのセミナーで成功術を学ぼう

女性

第三者に家を貸すシステム

男の人と女の人

家賃をローン支払に回せる

多くの人が家を建てる時には長期の住宅ローンを組みます。サラリーマンの場合、家を建てたあとに海外赴任を命じられることがあります。家族で赴任する場合、家を空けておくことになります。その間も住宅ローンを支払わなければならないので負担が増えます。また空き家にしておくと建物が劣化しやすくなります。このような時はリロケーションを利用します。リロケーションというのは第三者に家を貸し出すことです。不動産管理会社の中にはリロケーションを取り扱っている所があるので、そこに相談して契約をします。契約を結ぶと不動産管理会社が入居者を探してくれます。その代わり家賃の3割程度を支払うことになります。しかし家賃をローンの支払いに回すことができるので、それなりのメリットがあります。

契約期間や破損補償を確認

不動産管理会社とリロケーション契約を結ぶ時には契約内容をチェックする必要があります。大事なのは契約期間と家賃の決め方です。家を空けておく期間が決まっている場合は、それを契約期間にします。家賃が相場より安いとローンの支払いに回せる金額が少なくなるので、よく相談をして決めます。もう1つチェックすることで大事なのは、万一帰国が早くなった時の対処法です。早く帰ってきても、契約期間が決まっているので自分の家に住むことはできないのです。しっかりしている管理会社なら、そのような場合の予備の部屋や住宅が用意されています。その点をチェックすることが必要です。また第三者が建物を破損したり、汚したりした時の補償についても具体的に決めておくことが大事です。