シーエフネッツのセミナーで成功術を学ぼう

女性

本業の合間にするなら

男女

契約のポイント

最近よく話題になるサブリースですが、この契約には幾つかのポイントがあります。1つは、契約できる物件ですがマンションやアパートの1室ではなく、一棟丸ごとで契約するケースが多いです。契約期間は10年から35年と長期にわたる契約を結ぶことが多く、その間の家賃は空室があったとしても満室時と同じ額を受け取ることができます。そして、入居者との契約は全てサブリース会社に任せることになるので、大家としての業務はほぼなくなります。なので、本業を持ちながら大家業もしなくてはいけない人には大変魅力的な契約です。サブリース契約の内容は、個々のサブリース会社によって違いがありますので、比較検討した上で契約する会社を選ぶといいでしょう。

契約するメリット

賃貸経営は一見すると楽そうに見えますが、意外とする業務は沢山あり、またその業務内容も多岐に渡っているものです。なので、全ての物件の管理をするのが難しい場合は、所有する物件にサブリース契約をつけておくと管理が楽になります。収入面では、自分で管理する場合に比べると減少してしまいますが、入居者との契約・家賃滞納・入居者からのクレーム対応・空室が起こるなどのリスクに備えることができます。基本的に入居者はサブリース会社と賃貸契約を結び入居します。もし、入居者とのトラブルが訴訟問題までに発展しても、大家は全く関係ないのでそのトラブルに巻き込まれることが無い利点もあります。そして、確定申告の際に煩雑な手続きをする必要が無くなり申告を簡略化することができます。